坂出市立東部小学校
校訓「つつましく やさしく そしてあたたかく」

・家庭学習のてびき

 1年  2年  3年  4年  5年  6年


家庭学習のすすめ

 小学校での学習は,子どもたちが将来社会人として自立するための基礎となる「自ら学ぶ力」を育てます。学校と家庭との協力によって,その成果を何倍にも高めることができます。
 「自ら学ぶ力」とは,「もっと調べてみたい」「もし~だと,どうなるのだろう」「なぜ~なのだろう」と,自分で意欲や疑問をもちながら,知識を生かし,見通しをもって考える力のことを言います。家庭学習を毎日続けることで,しっかりとした考え方や集中力だけでなく,学習習慣が身に付き、困難なことがあってもくじけることなく,積極的にチャレンジしようとする力が身につきます。
 家庭学習の定着は,子どもの主体性や自律性を伸ばし,目標をもって人生を心豊かに生きる力となって,将来への大きな財産となります。

 家庭学習充実のために,家庭学習の手引きを参考に,ご家庭のご協力をお願いします。

1 家庭学習のさせ方
 ① 学校から出された「宿題」を最初にさせてください。
 ② 時間が余ったら,「家庭学習の手引き」を参考に学習課題を選んで取り組ませてください。
 ③ 課題が早く終わったら,読書等をして,「机に向かう」習慣を身につけさせてください。
 ④ 学習したことを見てあげてください。がんばったことをほめてあげてください。
 ⑤ 勉強が終わったら,次の日の準備をさせてください。

2 家庭学習のめやすの時間 
学年×10分以上
1年生は 10分以上   2年生は 20分以上
3年生は 30分以上   4年生は 40分以上
5年生は 50分以上   6年生は 60分以上
香川県のほとんどの小学校が実施している家庭学習の時間です。

3 家庭学習における保護者の役割

 ① 学習時間の確保
   「何時から何時まで」ということを話し合い,無理のない時間設定をしてください。
 
 ②規則正しい生活習慣の定着

  「早寝・早起き・朝ごはん」は,学力定着の基礎となります。きちんと学習に取り組む心と体を育てるために,生活リズムを整えてください。
 
 ③ 学ぶための環境づくり

   テレビをつけたり,音楽を流したり等の「ながら勉強」は,効果が上がりません。落ち着いた環境で学習できるように,各家庭で工夫したり話し合っ
  たりしてください。
 
 ④ 見届け・励まし
  子どもが学習したことにできるだけ目を通して,声をかけてください。褒めたり励ましたりすることで,どんどんやる気が出てきます。
 
 ⑤ 学校との連携
  お子さんの様子で気になることや分からないこと等,どんなことでもかまいませんので,担任にお知らせください。


Since 14 February, 2013 Copyright © 2013 Sakaide Tobu Elementary School. All rights reserved.